扇子の通販・販売ショップ[大広]

082-239-6600 受付:9:30-18:00 定休日:日曜・祝・祭日
送料
ログインしていません

扇子の基礎知識

扇子の基礎知識 一覧に戻る

扇子とは…

うちわと同じように風を送り、涼むのに用いる道具です。数本から数十本の細長い骨組みを束ねて端の一点(要=かなめ)で固定し、使用する時は開いて可動できます。骨には一般的に和紙が貼られ、展開すると紙を貼られた部分が段々の扇面になります。折りたたむとコンパクトに収めることができますし、持ち運びに便利なのが扇子の特徴です。折りたたみの出来るうちわってことですね。
扇子の開く角度は大体90度から180度の間で、円を三等分した中心角が120度前後のものが主流になっています。
扇子を開いた形は、「扇型(おおぎがた、せんけい)」と呼ばれ、それは幾何学的の用語にもなっています。このような扇子の形状は「末広がり」に通ずる縁起の良いものとされてきました。めでたい席での引き出物として用いられています。

扇子の構造

扇面の一番上の部分
扇面 あおぐ時に風を送る部分
中骨 内側の骨
親骨 左右外側の一番太い骨
(親骨と中骨を含めて扇骨(せんこつ)と言います。
扇子を開く際に根本でとめるために骨を止めている部分
この要が壊れると扇子としての用をなさなくなるため、最も重要な部分。
「肝心要」の言葉の語源となりました。
地紙(じがみ) 扇子の形に切り取られて、絵や柄がまだ描かれていない白紙の紙。
平地(ひらじ) 絵や柄が描かれた紙。「折り」がされていない平面の状態。
扇子の一番下の部分
間数(件数) 扇骨の本数のこと。
中彫り 中骨に加工された彫り
中短地 通常の扇子より扇面が短いもの。扇骨が少し長く、幅も少し広い。
短地 中短地よりさらに扇面の長さが短いもの。45間などの高級扇子に多い。
白竹 骨竹本来の色をそのまま用いた一般的な扇骨
唐木 石灰などで炊き、こげ茶色にした扇骨。扇子の絵柄や風合いになじみやすい。
晒骨 竹を漂白して天日に晒すため、白竹よりさらに白く仕上がる。
染骨 染料と用いて炊いた扇骨。漆やカシューを竹の表面に塗った扇骨。

良い扇子の選び方

※ため=扇子作りの仕上げの工程で行われる作業。親骨が先端の部分でしっかり閉じるよう内側へ曲げる。

扇子選びのポイントは、素材の加工にどれだけ手間をかけているかで変わってきます。
地紙と骨の境目、親骨と布地の接着部分、布扇子であれば端などをチェックすることをお勧めします。

扇子の取り扱い

扇子のたしなみ

出来るだけ音をたてずに広げることが、品の良い所作とされています。
音を立てずに、しかも優雅な動きで扇子を広げるためには、"親骨"の側面を上に向け、利き手の親指を要の近くに添えます。もう片方の手を利き手のやや上に添え、その親指を内側におすようにすると、根元から扇が広がり始めます。ある程度ひらいたら両サイドの親骨を両手で持ちなおし、静かにすべての扇面を広げましょう。
この方法で広げると指が扇面に触れないため、扇子の"顔"ともいうこの部分が、汚れずに丈夫に長持ちできます。

暑さからパタパタと忙しなく仰いでいるのを見ると、その動きはより一層暑苦しく見えてしまいます。ゆったりと仰いで優雅な雰囲気を漂わせましょう。

涼しい風を送るだけでなく、香りも楽しむことが出来るもの扇子の楽しさです。
白檀や桧を使用したものは、扇ぐたびほのかに香りが漂います。こうした香りのある木・香木を使った扇子は香りが何年も続きます。
日本は湿度が高いので空気中に香りの粒子がとどまりやすく、香りがとても引き立ちます。
お香と一緒に収納し、香りを移してもいいでしょう。香水をかける方法もありますが、生地が変色しないように注意してください。あまり香りが強すぎるとTPOにそぐわない場合もあります。和やかな香りにとどめておきましょう。

扇子の種類

桧扇

檜扇とは檜(ひのき)の木片を扇形に綴り合わせ、先を絹の糸で編み綴った板扇で、表に金銀箔を散らし、宮中の儀式の際の持ち物として用いられていました。
木簡から発展したと言われています。初めは男性の持ち物でしたが、徐々に女性も檜扇を用い初めました。絵柄は女性らしく、草花、人物などが描かれ、美しい糸を長く垂らしていました。またひな人形の持ち物も檜扇です。

蝙幅扇

檜扇の後に作られ始めた紙扇。竹を扇骨として、片面に紙地を貼った片貼扇です。初めは骨の数も5本くらいの簡単な作りでしたが、扇骨数も次第に増えていきました。その華やかさは、女子用檜扇に勝とも劣らない物であり、男女間の扇交換や宮中で扇を賜る年中行事『扇の拝』の記録も見れます。

絹扇

日本国内で発展した扇子が中国へ輸出され、シルクロードを渡りヨーロッパにまで伝わりました。ヨーロッパの社交界で扇子はアレンジされ、象牙やべっこうを扇骨にして、絹を貼った扇子に発展します。その後、日本へ逆輸入され、日本独自の絹扇子が発展しました。

白檀扇

白檀の木片を重ねた板扇。扇子に透かし彫りや描き絵の装飾を施します。招涼に用いるというより上品な香りを楽しむ持扇です。

能扇

猿楽・能楽などの芸能に用いられるようになって発達した紙扇。扇骨、図柄とも流派による伝統的な約束事が多く見られ、華やかな扇子です。

舞扇

能扇同様に室町時代以降に発展した舞台用の紙扇。舞扇は芸術的工芸品の域にまで達し、飾り扇としても有名です。雲や霞、水などの自然の図柄が多く見られます。

茶席扇

室町時代以降に茶とともに発展し、茶席に用いられる紙扇。

祝儀扇

冠婚葬祭用の扇子。縁起物だけに昔からの約束事があり、男女によって形や図柄にも違いがあります。